おしゃれ用コンタクトレンズの規制/カラコン★格安★通販★aghamoregaa.com

カラコン★格安★通販★aghamoregaa.com<おしゃれ用コンタクトレンズの規制

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』参照
おしゃれ用コンタクトレンズの規制
この節には予定される事象を扱っている文章が含まれています。性急な編集をせず事実を確認の上投稿してください。

日本では、おしゃれ用コンタクトレンズ(カラーコンタクトレンズ)は、眼球に接触するものであるが、薬事法上医療機器とされてこなかった。医療機器のコンタクトレンズはその製造販売にあたって承認を受ける必要があるのに対し、おしゃれ用コンタクトレンズは雑貨であり品質の審査手続きなどはない。このため、粗悪な作りのカラーコンタクトレンズは、着色剤が溶け出し炎症を起こしたり、ときには失明したりと、その品質に起因する事例も報告されているが、これを直接規制する方法がなかった。

また、医療用ではないため、眼科医による装用指導等の対象とはなっておらず、長時間使用その他不適切な使用に起因すると思われる眼病の増加が、眼科医団体等から指摘されてきた。

こうした流れを受けて、国はおしゃれ用コンタクトレンズの規制に乗り出し、2007年秋には、厚生労働省、経済産業省及び独立行政法人製品評価技術基盤機構は、おしゃれ用カラーコンタクトレンズの流通状況及び健康被害の実態を調べるために調査委員会を設置、2008年春には経済産業省が警告表示の義務付けなどの法規制を設けることを検討し始めた[1]。同年7月10日には、厚労省と経産省は薬事法の枠内で規制を行う方針を固めた